横山紘一
 平成27年8月からの講義・講演


講義
(1) 「唯識に学ぶ会」
    ・ 於 東京大学仏教青年会館
    ・ 毎月第1水曜日
    ・『唯識で読み解くダンマパダ』を読む
(2)立教セカンドステージ大学
    ・於 立教大学
    ・毎週月曜日
    ・「心の変革」
(3)正眼短期大学
    ・於 美濃太田・正眼短期大学
    ・8月3日~7日
    ・仏教学の基礎   
(4)「唯識に学ぶ会・仏子寺」
  ・於 入間・一燈仏子寺
  ・『唯識三十頌』を読む
(5)「一乗要決を読む」
 ・於 東本願寺名古屋別院
 ・隔月
(6)平林寺
 ・『法相二巻抄』を読む
 ・毎月1回

 


横山サト子ソプラノリサイタルご案内
2015年1月25日。所沢ミューズ・キューブホールにて。『横山サト子 ソプラノリサイタル』


横山サト子ソプラノリサイタルご案内

 未曾有の災害を前にして、皆様それぞれ悲痛な思いで過ごされていることと拝察します。このような時期に音楽会などと、一時は取り止めようとも思いましたが、こういう時こそ、音楽の力で人々を励ますことができるのではないかと、2009年10月に「獏の会・夢喰い仲間のコンサート」Vol0でデビューしました横山サト子のソプラノリサイタルを下記の要領で開催することにいたしました。
 1年半ぶりの登場ですが、その間に、師の指導の下で研鑽を重ね、一段と進歩いたしました。
本人は、まだまだ発展途上と申していますが、さらなる飛躍のために、一つの節目として、このたびリサイタルを開くことにいたしましたので、ぜひご来場下さいますよう、ご案内申し上げます。
     2011年4月吉日
               世話人 横山紘一

一、日時   2011年5月21日(土)、午後3時半開演(3時開場)
二、場所   所沢ミューズ・小ホール
       〒359-0044  埼玉県所沢市並木1-9-1 ℡.04-2998-6500
三、会費   3000円(前売り2500円)
四、出演者
   歌(ソプラノ)   横山サト子
   ピアノ       神保道子

 

  


第3回生死を考える集い

 人生は苦の連続であるといっても過言ではありません。

青年時代は生きる目的を求めて苦しみます。

中年・老年になるにつれて老いと病いの苦しみが増大してきます。

そして最後には誰しもが迎える死の苦しみが待ち受けています。

このような生老病死の4つの苦から解脱するところに真のやすらぎが実現するといえるでしょう。

しかし、そのような真のやすらぎを実現することは困難です。

でも、安房自然村を訪れる人が、自然の治癒力に浴しつつ、共々自分を見つめ直すことによって、少しでもその実現に近づくことができるものと信じて、昨年に続いて、

     「安房自然村やすらぎの里」

 において、

第3回「生死を考える集い」

を下記の要領で開催することに致しました。

 

今回は、昨年10月に出版されました横山紘一著

『唯識 仏教辞典』

(奈良・興福寺創建1300年記念出版)

の出版を祝う会をも兼ねた集いといたします。

皆様のご参加を心からお待ちしています。

 

平成23年 1月吉日

「唯識塾」塾長 横山紘一

     道長 山口博永

一、日時   平成23年2月26日(土)~27日(日)(1泊2日)

二、場所   能忍寺(安房自然村内)

         千葉県館山市布良613-3

        講演会場 名主の館(安房自然村内)

        宿泊   ホテル「正翠荘」(安房自然村内) 

三、費用   1万3千円 (宿泊・夕食・朝食代を含む)

四、交通   ①JR高速バスを利用の場合

JR東京駅丸の内側南口から発車の館山行きのバスに乗車(2番線)。約2時間で館山駅に着く。(費用は片道2300円)

館山駅でJRバス・白浜行き(2番線)に乗り、安房自然村で下車(約20分)。

高速バス利用の方は、一緒に行動したく、午前11時に

          JR東京駅丸の内側南口に集合してください。

          集合人数が24名以下の場合は、前回と同じくホテル「正翠荘」の送迎バスが迎えに来ます。

        ②JR京葉線を利用の場合

         館山駅で下車し、以下①の場合と同じ。

        ③自家用車で行く場合

         遅くとも2時半までに到着してください。

         安房自然村 〒294-0234 千葉県館山市布良600番地

            電話 0470-28-1111

五、スケジュール

(1日目)

 1.講演(3時~5時)

  a.講師 横山紘一氏

    「唯識思想の現代的意義」

     b. 講師 山口博永氏

   「三昧の生活」            

 2.入浴・食事

3.『唯識 仏教辞典』出版を祝う会(7時~9時)(別紙参照)

4.就寝 (ホテル「正翠荘」)

 

(2日目)

1.起床 6時

2.坐禅  

  気功

  指導   山口博永氏

2.朝食 8時

3.自然村内、あるいは海岸などの近郊を散策

4.帰京 12時、安房自然村を出発

六、服装

 坐禅、気功、あるいは散歩ができるような服装を用意して下さい。